« お知らせ | Main | 追加 »

ちょっとお先に

前回の続き

息はしてないけど体は暖かく眠ってるだけのよう。
やっと苦しさから解放されたと思うと、悲しいけれど
ほっとしたのも事実です。
ですが、心残りが。
最後にちーこの大好物を食べさせてあげられなかったこと。
腎臓が悪かったので、療養食だけしか食べさせてなかったので。
最後は食べ物を口にできなかったから。

削り立てのかつおぶしの海にちーこを入れてあげたかった。

最後はきれいに顔と体をふいて、ブラシをかけてあげました。
一緒にちーこの大好きだった、金缶、パウチ入りマグロ節、
かつおぶし、ぶらし、ぬいぐるみ、ねこじゃらし、
あとお花を添えました。
ぶらし
2004/10 真ん中のピンクのブラシ。お気に入り。
キイロイトリ
2005/07 とりさんもいっしょ。

どうしようかと悩んだのですが、
その日に荼毘にふすことにしました。

年齢も年齢などで、もしもの時は自宅からも近いし
ここかな?的な所があったのですが、
一応、お世話になってる病院に尋ねたら
決めていた所と同じ所を紹介されたので
迷わずそこへお世話になりました。

金属(缶詰は×だった)以外は一緒に
焼いてもらうことが出来ました。
好きなもの達と一緒にいけてよかったです。

儀式は滞りなくすぎました。
納骨することも出来たのですが、
今は仮住まいなのでお家に持ち帰り。

最後は、終の棲家にみんな一緒にと
思っています。

ペットが亡くなったときは先に虹の橋でまってるよ。
と言われたりしますが、待っててくれるのは
うれしい限りですが、待ちくたびれなか心配sweat01

そこで考えたのですが、私的には、列車の旅にたとえるのが
合点が行きました(他の誰かも考えてるかな)
生を受けたらからにはその先には誰にでも
死が訪れるわけですが、家族はその同じ行き先の列車に
乗って一緒に旅をする仲間。みんなで鈍行に乗ってたのに
ちーこだけ途中で特急、新幹線、いや、リニアに乗り換えて
目的地へ着いちゃったようで。
この先、別の誰かが同じ列車に乗ってくるかも?
それとも、自分が先に特急に乗り換えたり?
目的地では先に着いた人(猫)は自由に観光したり
休憩したり好き勝手にどんちゃん騒ぎの何でもありで。
虹の橋と同じでまたそこで会えるかもしれないし
もしかしたら、先に折り返しの電車に乗り換えて
また別の誰かと新しい旅を始めるもよしで。
旅は続くよどこまでもtrain

覚えててくれるかな?
何処かの駅ですれ違ったらよろしくねcat

« お知らせ | Main | 追加 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53788/56517333

Listed below are links to weblogs that reference ちょっとお先に:

« お知らせ | Main | 追加 »

無料ブログはココログ